スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団体旅客入出場票・団体旅客乗車票

dantai.jpg
(近)千葉教旅発行の団体旅客入出場票です。
これは修学旅行のような教育旅行を専門に取り扱う近畿日本ツーリスト千葉教育旅行支店で発行され、修学旅行参加者に配布されたものです。
サイズは料金補充券と比べて一回り小さいくらいのサイズです。

この券は旅客営業取扱基準規程第219条により発行されています。

旅客営業取扱基準規程第219条
指定券を必要とする団体旅客に対しては、必要に応じ、次の各号に定めるところにより団体旅客入出場票を交付することができる。
(1) 様式 ※省略
(2) 発行方 団体旅客入出場票は、当該団体乗車券の券面に表示された人員に対して、乗車船する月日、駅、列車名、座席位置、関連する団体乗車券番号その他必要事項を表示して発行し、旅客に交付する。


この画像の券にも、前出(2)の内容が記載されています。
ただし、列車名の記載はありません。東京駅の時刻が書いてあるのでわかるだろう、ということかもしれませんが...
実際に乗ったのは300系使用のひかり509号でした。


dantairyokaku.jpg
こちらは東京都区内有効の団体旅客乗車票です。
エドモンソン式乗車券サイズ、券紙もJRの近距離乗車券券売機で発行される切符と同じものです。
また、乗車日がゴム印で印字されているのが特徴で、おそらくある一定期間の間ならいつでも利用できてしまうものなのではないでしょうか...

さて、こちらの券も旅客営業取扱基準規程第219条により発行されています。

旅客営業取扱基準規程第219条
2 規則第86条又は同第87条の規定を適用して団体旅客運賃を収受した指定券を必要とする団体旅客に対しては、必要に応じ、当該団体旅客運賃に関連する特定都区市内または東京山手線内について、次の各号に定めるところにより同区間内有効の団体旅客乗車票を交付することができる。(中略)
(1) 様式 (省略)
(2) 発行方 団体旅客乗車票は、当該団体乗車券の券面に表示された人員に対して、有効区間および乗車月日を表示して発行し、旅客に交付する。


今回の旅行では東京~京都で201kmを超えているので発駅が東京都区内、着駅が京都市内となります。
千葉の学校でしたので、東京駅までは京葉線又は総武線を利用する方が多く、小岩或いは葛西臨海公園までの運賃で入場できるように配布されたものと思われます。尚、京都駅で降りた後は全員が京都駅前から貸切バスを利用したため、京都市内の分は配布されていません。


さて、ここで一つ疑問が。
この券が配布されたとき、以下のような指示をされました。
「Suicaを利用する際は、東京駅の改札口でSuicaと配布した2枚(団体旅客入出場票と団体旅客乗車票)を提示し、そのまま乗車する。帰りは、自宅最寄り駅の改札で往路の分とあわせて精算すること。」
おそらく旅行会社から言われたことをそのまま生徒に伝えたのでしょうが、これを認めるような通達でも出ていたのでしょうか...
私は往路、東京駅からそのまま改札に入ってしまったため、実際にやらなかったのでどんな処理をされたのかがよくわからないのですが...




高校生活の中でも修学旅行は大きなイベントの1つ。1番の思い出となった人も多いのではないでしょうか。
私自身もこの修学旅行が1番楽しかったような気がします。
近年は海外への修学旅行を企画している高校も多いようですが、何処に行くかが大事なのではなく、如何に級友と楽しく過ごすかが重要なのかなぁと思うので、お金もそこまでかからなかった京都・奈良という選択はちょっと時代遅れ感も否めませんが、個人的には良かったのではないかと思っています。

<おまけ>
kyoto.jpg

修学旅行で「通学定期券」を買ってくる人はそう多くないと思います(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ようちゃん

Author:ようちゃん
鉄道(きっぷ,通勤電車など),ほっちゃんのことを気が向いたときに書きます.

※相互リンクは常時受け付けています。コメント欄からどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
坂本真綾ブログパーツ
坂本真綾ブログパーツその2
マクロミル
マクロミルへ登録
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。