3/20 119ファイナル

ほっちゃんのライブの前に飯田線へ寄り道してきました。
目的は臨時列車119ファイナル号です。


DSC_1920.jpg
119系大垣車両区E4編成 豊橋

今回のJR東海のダイヤ改正の大きな目玉は300系新幹線の引退、定期のぞみ号をN700系に統一など、相変わらず新幹線に視線が行きがちですが、そんな中で飯田線で長年運用されてきた119系が定期運用から撤退となり、JR東海にしては珍しく、大々的にさよならイベントが行われています。

当初1月に発表された「ありがとう119ウィークス」のイベントは、3/10・11の飯田・伊那市間での「ありがとう119記念号」の運転、伊那市駅、豊橋駅での記念乗車券の発売等でしたが、2月に追加でイベントの実施が決定となり、「119ファイナル号」が運転されることになりました。

この119ファイナル号の特徴として挙げられるのは乗車時間の短さでしょう。
運転区間は豊橋・豊川間であり、その乗車時間は豊橋→豊川で9分、豊川→豊橋で12分です。ここまで短い乗車時間は過去にもあまりないのでは?
それにもかかわらず全車指定であり、指定席料金510円を支払わなければ乗ることが出来ません。
しかもこの列車、乗車記念証明書が発行されるということで悪質な業者の餌食になってしまったのか、こんな短い乗車時間にもかかわらず発売と同時に満席になってしまいました。もっとも青春18きっぷの利用可能期間であるということもあるのでしょうが...

実際に当日乗車してみると、私の座席はドア横のロングシートでした。この席まで売るのか、とちょっとビックリしてしまいました。
4年前に仙台地区で運行された455ラストランのロングシート部分は指定席として発売されなかったのですが...

編成は大垣車両区のE4編成。デビュー当時の塗装に戻された編成で、両先頭にはHMがつけられていました。

豊橋発車後は車掌さんのアナウンスがあり、指定券を持たずに乗車した旅客には乗車記念証明書は配布しない旨が案内されました。
車掌さんは豊橋運輸区の1人乗務で、乗車記念証明書はJR東海の社員さんによって配布されました。指定券を提示して頂く形での配布です。

車掌さんは船町通過後に車内を巡回開始。ただし特に検札は無く、指定券を持っていない旅客も自ら申告しなければ特に発券されることはありませんでした。
スタンプの押印も希望者にのみという感じです。

9分で豊川に到着。
到着後は早々に回送幕となり、新城方面へ回送されていきました。
留置駅まで旅客扱いをしたら良かったように思います。


119.jpg

こちらは119ファイナル号の指定席券です。
発売開始20分後にVPで購入し、試しにMVに入れてみたところまだ空席がありましたので英字表記で座席変更をしました。
英字での列車名は「119FINAL」です。
また、座席変更は乗車変更の扱いにはならないため「乗変」の印が下の指のみ券に印字されていません。

119_1.jpg

乗車記念証明書です。
運転日によって異なるようです。


DSC_1916.jpg

ところでこちらは豊橋駅の発車案内表示機です。
英語表記が119FINAL-GOとなっています。
マルスの英字表記のように「119FINAL」で良かったような気がするのは私だけでしょうか...
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ようちゃん

Author:ようちゃん
鉄道(きっぷ,通勤電車など),ほっちゃんのことを気が向いたときに書きます.

※相互リンクは常時受け付けています。コメント欄からどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
坂本真綾ブログパーツ
坂本真綾ブログパーツその2
マクロミル
マクロミルへ登録
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる