スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西千葉駅 みどりの窓口廃止

TS3Y0048.jpg

2/6をもって、西千葉駅のみどりの窓口が廃止となりました。

TS3Y0047.jpg

こちらも前回までの各駅同様に至る所に掲示が。

nishichiba.jpg
nishichiba r

発行箇所は「西千葉駅A1」、POS端末は「西千葉801」でした。

近くに大学があるため学期始まりの時期は長蛇の列が出来ていたのですが、今年からはどうなったのでしょうか。
さすがにMVの係員操作モードで処理したのでしょうか...?
スポンサーサイト

JR・会津鉄道・野岩鉄道の3社連絡乗車券

aizu3renraku.jpg

野岩鉄道では社線全駅で、会津鉄道西若松-会津高原尾瀬口経由の3社連絡運輸を行っています。
旅客会社線側の連絡運輸区域は猪苗代、会津若松~喜多方間、七日町、会津坂下の各駅となっています。

この切符は会津若松駅の自動券売機で購入した、野岩鉄道会津鬼怒川線新藤原までの乗車券です。
会津若松駅の自動券売機では会津鉄道全駅への連絡乗車券と、野岩鉄道全駅への3社連絡乗車券を発売しています。
3社連絡というものの、券面のフォーマットは2社連絡のものと大きく差異はありません。

尚、会津若松駅では東武線の浅草・北千住・春日部・栃木・新鹿沼・下今市・鬼怒川温泉の7駅との間のみJR、会津鉄道・野岩鉄道・東武鉄道の4社連絡乗車券を発売していますが、こちらはみどりの窓口とびゅうプラザのみの発売となり、券売機での購入は出来ません。
4社連絡乗車券は学割の設定がないため、東武線内を学割適用にした乗車券は会津若松駅では購入することが出来ず、会津鉄道車内での精算を案内されます。

西武鉄道 わくわくチャイルド1日フリーきっぷ

昨年11月下旬に西武鉄道100周年企画の一環として、「わくわくチャイルド1 日フリーきっぷ」が発売されました。



発売されたのは小児券のみで、12/1・2のいずれか1日、多摩川線を除く西武鉄道の全線が100円で自由に乗車することができました。
定期券サイズの磁気カードで、地紋は野球ボールのまわりに「せいぶてつどう」と書かれている「埼玉西武ライオンズ プレーヤーズきっぷ」と同様の地紋となっています。

尚、私が購入したのは高田馬場駅ですが、11/25に行われた「西武鉄道100年アニバーサリーイベントin保谷~SL5号蒸気機関車修復完成記念披露会~」会場内特設ブースで先行発売されたもののためか、保谷駅発行となっています。


wakuwaku2.jpg
なお、きっぷにはアンケートが付いていました。利用状況によってはまた発売されるのかもしれません。

参考:当社初!「わくわくチャイルド 1 日フリーきっぷ」を発売!  (西武鉄道公式HPより)

スカイツリートレイン南会津号

4/26・30・5/1・5/2に、スカイツリートレイン南会津号が運転されました。
このうち26日は団体専用として運転され、30日~2日は北千住→会津田島間を「スカイツリートレイン71号」、会津田島→北千住を「スカイツリートレイン62号」として運転されました。
私は5/2に62号に乗車しましたので、切符の話を交えながら簡単に記録しておきたいと思います。



会津田島に停車中のスカイツリートレイン

TS3Y0105.jpg
車内に設けられた記念撮影用のプレート

スカイツリートレインは東武6050系を改造した634系2両×2で、普段は土・休日に伊勢崎線、日光線、野田線を中心に運用されています。
現在、野岩鉄道会津鬼怒川線と会津鉄道会津線の会津高原尾瀬口~会津田島間へは東武線から普通、区間快速、快速のみが乗り入れていますが、2005年2月までは「急行南会津号」が乗り入れていました。今回のスカイツリートレイン南会津号は8年ぶりの座席指定の優等列車の乗り入れということになります。
ところが...

TS3Y0106.jpg
スカイツリートレインの車内

この車内の画像は野岩鉄道会津鬼怒川線内で撮影したものですが、見事なまでに乗客がいません。
会津田島発車時点では乗客僅か8名、会津鬼怒川線内に入っても乗客は数人しか増えず、文字通り「空気輸送」となっていました。
会津田島~新藤原までの担当の車掌さんは野岩鉄道新藤原駅務区の車掌さんでしたが、「下り(71号)は100席近く売れたが、上り(62号)は20席も売れていない」とのこと。
東武線内に入り、新藤原からは新栃木乗務区の車掌さんに変わりました。新栃木辺りからちょこちょこと乗客は増えていきましたが、それでも各車両10名程度の乗客しかいませんでした。
幾ら平日と言えど大型連休の谷間であり、普段の平日よりは乗客は見込めたはずです。

このスカイツリートレイン南会津号、特徴として次のことが挙げられます。

・「スカイツリートレイン」という名称であるにもかかわらず、とうきょうスカイツリー駅には行かない。
・午前中に北千住発が運転され、午後に会津田島発が運転される。

前者、後者ともにおそらく線路容量、運用上の都合だと思うのですが、これではとうきょうスカイツリーへのアクセスという面では非常に中途半端です。会津鉄道沿線に住む人がこの列車を利用してスカイツリー見物に出かけようとすると、時間的に宿泊か、新幹線を使って帰るしかなくなってしまいます。
またPR不足も否めません。首都圏ではポスターが各駅1枚や数枚程度貼られていた程度、また、この62号へのアプローチに利用した会津鉄道会津線車内でもこの列車に関する案内は一切なく、多くの乗客がこの後の区間快速を待つために待合室へと入っていきました。

6月以降も設定があるようですが、このままの乗車率であればすぐに設定は無くなるでしょう。




skytree62_ticket.jpg

今回使用した特急券です。特急券は東武線各駅での購入の場合は券売機では購入することが出来ず、窓口端末での発売となります。
列車名は「スカイツリートレイン62号」と記載されており、「南会津」の記載はありません。

また、今回の野岩鉄道・会津鉄道への乗り入れ開始に伴い、スカイツリートレイン用の車内発行の特急券の改訂が行われています。

skytree.jpg

sktreeb.jpg

ご覧のように、野岩鉄道、会津鉄道連絡の欄が追加されています。
尚、野岩鉄道線内及び会津鉄道線内では野岩鉄道の車掌が乗務する為、この券は使用されず、野岩鉄道の車内補充券が使用されます。したがって、野岩鉄道及び会津鉄道の単独運賃の欄はありません。


skytree62_change.jpg

skytree62_changeb.jpg

予め購入していた特急券は春日部まででしたので、東武線内に入ってから車内で北千住までの変更を申し出たところ差額収受となり、車内補充券での発券となりました。

メトロカードの払い戻し

先日、新宿の金券屋さんでメトロカードが5枚、1,000円で売られているのを発見し、即購入しました。



mecardb.jpg

メトロカードは1988年に発売開始となった磁気式プリペイドカードで、メトロカード対応の券売機で乗車券類の購入ができた、国鉄・JRのオレンジカードとほぼ同じ仕組みのカードです。
尚、自動改札機に直接投入出来るのは「NSメトロカード」、「SFメトロカード」のみで、こちらのメトロカードでは自動改札機での利用は出来ませんでした。

こちらのメトロカードは既に発売が随分前に終了しており、現在は自動券売機でも利用出来ません。Wikipediaでは使用できるとの記載がありますが、少なくとも新宿駅の券売機では使えませんでした。
この為、全駅で払い戻しの取り扱いが行われています。

metorocard.jpg

実際に払い戻しを行いました。
駅事務室で払い戻したい旨を申し出ると駅係員は窓口処理端末を使用し、メトロカードの残額をゼロにした後、返金が行われました。
現金での払い戻しの他、PASMOへの残額移行も可能で、どちらの場合も希望すれば使用済カードは返却してもらえます。

参考:パスネット┃東京メトロ

オレンジカード 発売終了

オレンジカードは1985年に発売が開始された磁気式プリペイドカードであり、全国の駅のオレンジカード対応自動券売機で乗車券類の購入に使用することができます。
全国で様々なデザインのカードが発売され、記念カードとして発売されたものも数多くありましたが、イオカードやJスルーカードなどの直接自動改札機を利用できるカードやICカードの普及などに伴い利用者が減少したこともあってか、2013年3月31日を以て、JR各社での発売が終了となりました。


orange hida

orange shinano

上の2枚のカードは発売最終日の夜に名古屋駅で購入したものです。
名古屋駅では3月に入ってからも上の2種類の他に「南紀」のデザインのカードも発売していたようなのですが、最終日には既に完売しておりました。

orange case

オレンジカードは透明なケースに入れられて発売されていました。

イメージ (93)

JR東海発売のオレンジカードの特徴としては、バーコードが無いことが挙げられます。

orange rep

最終日に買ったという証拠はカード自体にはありませんが、領収書の但し書きにはオレンジカードの文字が書かれていました。

尚、オレンジカードは現在も全国のオレンジカード対応の自動券売機で利用可能です。
参考:JR東日本:オレンジカードについてのお知らせ

5/4 東武日光線臨時快速

4/27~29、5/3~6に運転される、東武日光線の臨時快速を撮影してきました。
8111Fの下り臨時快速に東武動物公園~新鹿沼で乗車し、普通に乗り換えて板荷へ。

DSC_7709_20130504234226.jpg
1819F 回送

午前中に東武動物公園~東武日光で運転された1819Fは一旦新栃木へ。
この回送は上りの送り込み回送です。

DSC_7716_20130504234227.jpg
1292 きりふり292号

今日は臨時きりふりも運転されました。


DSC_7725_20130504234229.jpg
5054 8111F 臨時快速

臨時幕で通過。
行先板の掲出はありませんでした。

DSC_7737_20130504234230.jpg
5056 1819F 臨時快速

こちらも臨時板で通過。

※動画はこちら
プロフィール

ようちゃん

Author:ようちゃん
鉄道(きっぷ,通勤電車など),ほっちゃんのことを気が向いたときに書きます.

※相互リンクは常時受け付けています。コメント欄からどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
坂本真綾ブログパーツ
坂本真綾ブログパーツその2
マクロミル
マクロミルへ登録
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。