スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学割適用の4社連絡乗車券



会津若松駅発行の会津若松→浅草(経由:只見線・会津鉄道・野岩鉄道・東武鉄道)の乗車券です。
学割が適用されています。

平成17年より、東武鉄道・野岩鉄道・会津鉄道・JR東日本の4社連絡となる連絡乗車券が、一部の区間限定で発売されています。
東武側の発売駅は浅草・北千住・春日部・栃木・新鹿沼・下今市・鬼怒川温泉の7駅、JR側の発売駅は会津若松となっています。
通常であればこの4社連絡乗車券は、東武鉄道側ではマルチ端末を用いて発行、JR東日本では乗車券メニューからは4社の連絡乗車券は発売できないため、マルス端末の特企券メニューより発行されています。

上記区間のうち、浅草・北千住・春日部⇔会津若松では、東武線内の営業キロが101km以上となっており、旅客営業規則上は学割が適用可能です。
しかし、マルス端末の特企券メニューには学割適用の乗車券は収容されておらず、出札補充券を用いての発行となります。
会津若松駅のみどりの窓口にはマニュアルが設備されているようで、それを参照しながら出札係員が15分程度で発行してくださいました。
事由欄には「4線連絡」、再掲欄の連社2には会津鉄道・野岩鉄道・東武鉄道の運賃合算額「4,180円」を記入するように指示されているようです。

金額の内訳は以下の通りです。

JR 会津若松→西若松 190円
会津鉄道 西若松→会津高原尾瀬口 1,870円
野岩鉄道 会津高原尾瀬口→新藤原 1,070円
東武鉄道 新藤原→浅草 1,240円 (無割引1,550円)
計 4,370円

これまで、東武・JR両社ともに「学割での発売は不可」とのことで実際に学割を適用した券は購入することができず、東武線内⇔西若松の学割適用の乗車券を車内または駅で乗り越し精算するように案内されていましたが、どこかのタイミングで発売可に改められたのでしょうか。
東武側でも補充券を用いて発行されるのかが気になるところです。

参考:会津鉄道公式ホームページ よくある質問
スポンサーサイト

仙台駅の業務連絡書

sendai_gyomu.jpg
仙台駅新幹線南口で発行された、駅承認番号第1号の業務連絡書です。
券面にも記載があるように、仙台市内着乗車券の自動改札機取込による仙台駅→仙台市内各駅への便宜乗車のために発行されています。

仙台駅の新幹線改札口は新幹線中央口と新幹線南口の2か所にあります。
新幹線中央口には新幹線開業時より中央のりかえ口がありましたが、新幹線南口にはのりかえ口がありませんでした。
そのため、在来線への乗り換え客が誤って出口である新幹線南口の自動改札機に仙台市内着の乗車券を投入し、改札機内に取り込まれてしまうことが多かったようです。

誤って取り込まれてしまった場合、その旨を駅員に申し出ることによりこの業務連絡書が渡され、2Fの在来線中央口から入場するように案内されました。

2015年12月6日に新幹線南口にも南のりかえ口が設けられたため、現在ではこの取扱は行われていないものと思われます。

定期券併用の乗車券

teiki_heiyo.jpg
鎌取駅の多機能券売機で発行された、鎌取→230円区間の乗車券です。
定期券併用機能を用いて発行されているため、右下に「定」の記載があります。
右下の「カ」はオレンジカードを用いて購入したことを示しています。

定期券併用機能は所持する磁気定期券の区間外の駅において、券売機に磁気定期券を挿入することで利用できました。
券売機に定期券を投入し、定期券に接続する乗車券を購入、定期券を入場状態にすることで、定期券区間内の駅でそのまま定期券だけを通して出場できるという仕組みです。

混雑する有人改札に並ぶ必要がなく、導入当初は便利な機能でしたがSuica等のICカードの普及により磁気定期券利用者が減少したこともあり、消費税率変更による運賃改定前日の2014年3月31日をもって終了となりました。
このため、現在では右下に「定」と記載された券の購入はできません。

<参考>
多機能券売機における定期券接続駅表示不具合による運賃誤収受について(2014.3.19 JR東日本公式)

みどりの窓口における「ジェイ・アール北海道 バス定期券」の発売終了

JR北海道のみどりの窓口および券売機では、ジェイ・アール北海道バスの定期券が発売されておりました(券売機は継続のみ)が、昨年度末をもって発売が終了となりました。

hokkaido_bus.jpg

平成28年11月に道内の駅で発行された、平和⇔エデンの街入口(新札幌駅接続)の小児通勤定期券(1箇月)です。
JR北海道とジェイ・アール北海道バスの連絡定期券であり、総販システムにより発売されています。
有効期間の部分に赤い斜線が1本入っているのが特徴です。
発売金額はJRの平和⇔新札幌間の2,800円、バスの新札幌駅⇔エデンの街入口4,320円の合計7,120円となっています。
「エデンの街入口」の表記は「エデン街入口」と省略されています。

こちらの連絡定期券は平成28年12月31日をもって発売終了となりました。


hokkaido_bus_2.jpg
こちらも平成28年11月に道内の駅で発売された札幌駅⇔サッポロファクトリー前の小児通勤定期券(1箇月)です。
ジェイ・アール北海道バスのバス区間単独定期券であり、総販システムにより発売されています。
有効期間の部分に赤い斜線が2本入っているのが特徴です。
札幌駅はJRにも存在することから、バス停と区別するために「札幌(自)」と表記されており、「サッポロファクトリー前」の表記は「ファクトリー」と省略されています。

こちらのバス単独区間定期券は平成29年3月31日をもって発売終了となりました。

ジェイ・アール北海道バスとの連絡乗車券及びバス単独区間乗車券のみどりの窓口での発売は平成26年3月31日をもって終了しているため、マルスシステム及び総販システムでのジェイ・アール北海道バスにかかわる乗車券類の発売はこれをもって完全に廃止となりました。

参考:JR北海道公式プレス「ジェイ・アール北海道バス定期券の発売終了について」(平成28年9月16日発表)

JR・会津鉄道・野岩鉄道の3社連絡乗車券

aizu3renraku.jpg

野岩鉄道では社線全駅で、会津鉄道西若松-会津高原尾瀬口経由の3社連絡運輸を行っています。
旅客会社線側の連絡運輸区域は猪苗代、会津若松~喜多方間、七日町、会津坂下の各駅となっています。

この切符は会津若松駅の自動券売機で購入した、野岩鉄道会津鬼怒川線新藤原までの乗車券です。
会津若松駅の自動券売機では会津鉄道全駅への連絡乗車券と、野岩鉄道全駅への3社連絡乗車券を発売しています。
3社連絡というものの、券面のフォーマットは2社連絡のものと大きく差異はありません。

尚、会津若松駅では東武線の浅草・北千住・春日部・栃木・新鹿沼・下今市・鬼怒川温泉の7駅との間のみJR、会津鉄道・野岩鉄道・東武鉄道の4社連絡乗車券を発売していますが、こちらはみどりの窓口とびゅうプラザのみの発売となり、券売機での購入は出来ません。
4社連絡乗車券は学割の設定がないため、東武線内を学割適用にした乗車券は会津若松駅では購入することが出来ず、会津鉄道車内での精算を案内されます。
プロフィール

ようちゃん

Author:ようちゃん
鉄道(きっぷ,通勤電車など),ほっちゃんのことを気が向いたときに書きます.

※相互リンクは常時受け付けています。コメント欄からどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
坂本真綾ブログパーツ
坂本真綾ブログパーツその2
マクロミル
マクロミルへ登録
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。