スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/14 わかしお82号

DSC_1186.jpg

DSC_1198.jpg
(上)幕張からの送り込み回送は大カーブで. 回9093M トタM51 新検見川~稲毛
(下)わかしおHMで京葉線を走行するのは10年ぶり? 9092M トタM51 二俣新町

8/14・15に外房線・京葉線の安房鴨川~東京間で189系トタM51編成を使用した臨時特急わかしお82号が運転されました.
しおさいも臨時特急を運転した関係なのか,こちらのわかしお82号は珍しく他区から貸し出された189系が使用され,8/14はシール式のHMが掲出されました.
新宿わかしお代走は189系マリC編成での代走が何度もありましたが,京葉線経由のわかしおはE257デビュー以来10年ぶり...?
混んでいるの覚悟で京葉線内に行き,雨まで降られてしまいましたがなんとか1カット記録できました.
スポンサーサイト

スカイツリートレイン南会津号

4/26・30・5/1・5/2に、スカイツリートレイン南会津号が運転されました。
このうち26日は団体専用として運転され、30日~2日は北千住→会津田島間を「スカイツリートレイン71号」、会津田島→北千住を「スカイツリートレイン62号」として運転されました。
私は5/2に62号に乗車しましたので、切符の話を交えながら簡単に記録しておきたいと思います。



会津田島に停車中のスカイツリートレイン

TS3Y0105.jpg
車内に設けられた記念撮影用のプレート

スカイツリートレインは東武6050系を改造した634系2両×2で、普段は土・休日に伊勢崎線、日光線、野田線を中心に運用されています。
現在、野岩鉄道会津鬼怒川線と会津鉄道会津線の会津高原尾瀬口~会津田島間へは東武線から普通、区間快速、快速のみが乗り入れていますが、2005年2月までは「急行南会津号」が乗り入れていました。今回のスカイツリートレイン南会津号は8年ぶりの座席指定の優等列車の乗り入れということになります。
ところが...

TS3Y0106.jpg
スカイツリートレインの車内

この車内の画像は野岩鉄道会津鬼怒川線内で撮影したものですが、見事なまでに乗客がいません。
会津田島発車時点では乗客僅か8名、会津鬼怒川線内に入っても乗客は数人しか増えず、文字通り「空気輸送」となっていました。
会津田島~新藤原までの担当の車掌さんは野岩鉄道新藤原駅務区の車掌さんでしたが、「下り(71号)は100席近く売れたが、上り(62号)は20席も売れていない」とのこと。
東武線内に入り、新藤原からは新栃木乗務区の車掌さんに変わりました。新栃木辺りからちょこちょこと乗客は増えていきましたが、それでも各車両10名程度の乗客しかいませんでした。
幾ら平日と言えど大型連休の谷間であり、普段の平日よりは乗客は見込めたはずです。

このスカイツリートレイン南会津号、特徴として次のことが挙げられます。

・「スカイツリートレイン」という名称であるにもかかわらず、とうきょうスカイツリー駅には行かない。
・午前中に北千住発が運転され、午後に会津田島発が運転される。

前者、後者ともにおそらく線路容量、運用上の都合だと思うのですが、これではとうきょうスカイツリーへのアクセスという面では非常に中途半端です。会津鉄道沿線に住む人がこの列車を利用してスカイツリー見物に出かけようとすると、時間的に宿泊か、新幹線を使って帰るしかなくなってしまいます。
またPR不足も否めません。首都圏ではポスターが各駅1枚や数枚程度貼られていた程度、また、この62号へのアプローチに利用した会津鉄道会津線車内でもこの列車に関する案内は一切なく、多くの乗客がこの後の区間快速を待つために待合室へと入っていきました。

6月以降も設定があるようですが、このままの乗車率であればすぐに設定は無くなるでしょう。




skytree62_ticket.jpg

今回使用した特急券です。特急券は東武線各駅での購入の場合は券売機では購入することが出来ず、窓口端末での発売となります。
列車名は「スカイツリートレイン62号」と記載されており、「南会津」の記載はありません。

また、今回の野岩鉄道・会津鉄道への乗り入れ開始に伴い、スカイツリートレイン用の車内発行の特急券の改訂が行われています。

skytree.jpg

sktreeb.jpg

ご覧のように、野岩鉄道、会津鉄道連絡の欄が追加されています。
尚、野岩鉄道線内及び会津鉄道線内では野岩鉄道の車掌が乗務する為、この券は使用されず、野岩鉄道の車内補充券が使用されます。したがって、野岩鉄道及び会津鉄道の単独運賃の欄はありません。


skytree62_change.jpg

skytree62_changeb.jpg

予め購入していた特急券は春日部まででしたので、東武線内に入ってから車内で北千住までの変更を申し出たところ差額収受となり、車内補充券での発券となりました。

2/3 E6系試乗会

2/3に行われたE6系試乗会に参加してきました。

TS3Y0039.jpg
東京方より団体531号が入線 (大宮

関係者用に設定されたと思われる試乗会で、大宮を10:30に発車し、仙台11:50着の団体531号、折り返し仙台12:12発、大宮13:34着の団体532号に乗車することができました。
乗車したのはZ3編成。

団体531号大宮を発車した後、車内放送にてE6系の概要の説明、川野邊取締役の挨拶が流れ、記念品配布。
途中那須塩原で時間調整のための運転停車。上りのE6系試運転列車とすれ違った後、その後300km/hで白石蔵王付近まで走行、強風のため白石蔵王~仙台は速度規制での運転となりました。

TS3Y0040.jpg
仙台では先行試作車S12編成の試運転と並ぶ (仙台

仙台到着後は座席転換及び清掃のため一旦全員ホームへ。
盛岡方より到着したS12編成の試運転と並びます。
23分の停車の後、団体532号として折り返し大宮へ。
白石蔵王までは速度規制、その後300km/h運転の後、福島、郡山で時間調整の為運転停車。
その後はノンストップで大宮まで走行しました。

130203_0952~01

受付後配布された参加証は残念ながら大宮到着後回収となりました。


TS3Y0045.jpg

参加記念品はクリアファイル、E6系パンフレット、秋田銘菓さなづら、E6系ロゴ入りのブックカバーでした。





人が多かったので車内の画像などは割愛します。
普通車の黄金色の座席は硬め、相変わらず東の新幹線の座席は硬いなぁという印象です。

【西武】拝島特急

8/24から8/30まで、西武新宿線・拝島線の西武新宿~拝島間において臨時特急電車が運転されました。
これは西武鉄道創立100周年を記念したもので、19時台に下り1本が設定されました。
停車駅は高田馬場、小平、東大和市、玉川上水、拝島で、乗車は西武新宿と高田馬場に限られていました。



特急料金は全区間定額制で大人350円、小児180円でした。
発売は西武新宿、高田馬場の2駅のみで、8/1から一斉に発売となりました。
号車のみの指定のため、端末発行の特急精算券Aに号車印が捺されたものとなっています。
12/12から12/18にも同列車は設定されていますが、その際は全席指定で補充券での発売となっています。
今回特急精算券での発行になったのは号車指定のみで、発売の際の手間を考えての為かと思われます。


seibu2.jpg

seibu3.jpg

特急券とともに、時刻表とご利用案内が同封されていました。





今回の運転は、拝島線への特急導入への調査的な意味合いが強かったように思われます。
特急券を購入したものの、結局乗りにはいけませんでした...

参考:拝島線に臨時特急電車を運転します!(西武鉄道公式HP内リリース)

3/20 119ファイナル

ほっちゃんのライブの前に飯田線へ寄り道してきました。
目的は臨時列車119ファイナル号です。


DSC_1920.jpg
119系大垣車両区E4編成 豊橋

今回のJR東海のダイヤ改正の大きな目玉は300系新幹線の引退、定期のぞみ号をN700系に統一など、相変わらず新幹線に視線が行きがちですが、そんな中で飯田線で長年運用されてきた119系が定期運用から撤退となり、JR東海にしては珍しく、大々的にさよならイベントが行われています。

当初1月に発表された「ありがとう119ウィークス」のイベントは、3/10・11の飯田・伊那市間での「ありがとう119記念号」の運転、伊那市駅、豊橋駅での記念乗車券の発売等でしたが、2月に追加でイベントの実施が決定となり、「119ファイナル号」が運転されることになりました。

この119ファイナル号の特徴として挙げられるのは乗車時間の短さでしょう。
運転区間は豊橋・豊川間であり、その乗車時間は豊橋→豊川で9分、豊川→豊橋で12分です。ここまで短い乗車時間は過去にもあまりないのでは?
それにもかかわらず全車指定であり、指定席料金510円を支払わなければ乗ることが出来ません。
しかもこの列車、乗車記念証明書が発行されるということで悪質な業者の餌食になってしまったのか、こんな短い乗車時間にもかかわらず発売と同時に満席になってしまいました。もっとも青春18きっぷの利用可能期間であるということもあるのでしょうが...

実際に当日乗車してみると、私の座席はドア横のロングシートでした。この席まで売るのか、とちょっとビックリしてしまいました。
4年前に仙台地区で運行された455ラストランのロングシート部分は指定席として発売されなかったのですが...

編成は大垣車両区のE4編成。デビュー当時の塗装に戻された編成で、両先頭にはHMがつけられていました。

豊橋発車後は車掌さんのアナウンスがあり、指定券を持たずに乗車した旅客には乗車記念証明書は配布しない旨が案内されました。
車掌さんは豊橋運輸区の1人乗務で、乗車記念証明書はJR東海の社員さんによって配布されました。指定券を提示して頂く形での配布です。

車掌さんは船町通過後に車内を巡回開始。ただし特に検札は無く、指定券を持っていない旅客も自ら申告しなければ特に発券されることはありませんでした。
スタンプの押印も希望者にのみという感じです。

9分で豊川に到着。
到着後は早々に回送幕となり、新城方面へ回送されていきました。
留置駅まで旅客扱いをしたら良かったように思います。


119.jpg

こちらは119ファイナル号の指定席券です。
発売開始20分後にVPで購入し、試しにMVに入れてみたところまだ空席がありましたので英字表記で座席変更をしました。
英字での列車名は「119FINAL」です。
また、座席変更は乗車変更の扱いにはならないため「乗変」の印が下の指のみ券に印字されていません。

119_1.jpg

乗車記念証明書です。
運転日によって異なるようです。


DSC_1916.jpg

ところでこちらは豊橋駅の発車案内表示機です。
英語表記が119FINAL-GOとなっています。
マルスの英字表記のように「119FINAL」で良かったような気がするのは私だけでしょうか...
プロフィール

ようちゃん

Author:ようちゃん
鉄道(きっぷ,通勤電車など),ほっちゃんのことを気が向いたときに書きます.

※相互リンクは常時受け付けています。コメント欄からどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
坂本真綾ブログパーツ
坂本真綾ブログパーツその2
マクロミル
マクロミルへ登録
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。