FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩見沢複合駅舎10周年 歴代岩見沢駅舎入場券

3/30に岩見沢駅4代目駅舎が完成から10周年を迎えるのを記念し、「岩見沢複合駅舎10周年 歴代岩見沢駅舎入場券」が3/16より発売されています。


iwamizawa10th2.jpg
(上)表紙・裏表紙
(下)入場券5種

台紙はA4サイズ2つ折りのもの、入場券自体はご当地入場券と同様のサイズのものです。
入場券は大人170円のものが5枚セットになっており、1~4代目駅舎・仮駅舎の写真が用いられています。

iwamizawa10th3.jpg

入場券裏面は5枚とも共通のデザインで、イラストと岩見沢駅のあゆみが記載されています。

岩見沢駅は平成12年の3代目駅舎の漏電による焼失後、プレハブの仮駅舎での営業を経て平成19年に現在の4代目駅舎が暫定開業、平成21年3月30日に有明交流プラザなどの開業により複合駅舎の全面開業を迎えました。
10周年イベントとして、記念入場券の発売のほか、Nゲージ鉄道模型展示や鉄道写真家中井精也氏のトークイベントなどが開催されました。

続きを読む

スポンサーサイト

グランクラス(シートのみ)マルス券表記の変更

granseat_201903170018381e9.jpg

3/16、大麻駅で発行されたやまびこ203号、グランクラス利用の新幹線特急券・グリーン券です。
MR52端末を用いて発行されています。

3/16頃より、アテンダントサービスを行わない、グランクラスの新幹線特急券の表記が変更されています。

P_20190316_084325.jpg
granseat2.jpg
(上)2019年3月上旬発行のグランクラス(シートのみ)の表記
(下)2019年3月16日発行のグランクラス(シートのみ)の表記

変更前は【グランクラス(シート) アテンダントなし】とアテンダントが乗務しないことが強調されているのに対し、変更後は【グランクラス(飲料・軽食なし)】と飲料・軽食のサービスがないことが強調されています。
アテンダント乗務の有無による大きな相違点は飲料・軽食サービスがないことであり、その点を強調する意味での変更ではないかと推測されます。
この変更は、3/16ダイヤ改正に伴うマルス改修と共に行われたものと推測されますが詳細は不明です。

このグランクラス(シートのみ)のマルス券表記の変更は、2回目になります。
設定開始時は【グランクラス(シート)】という表記であり、【グランクラス(シート) アテンダントなし】という表記への変更を経て、今回の【グランクラス(飲料・軽食なし)】の表記となりました。

続きを読む

9/2 特急ニセコ

9/1~4、特急ニセコ号が札幌~函館間をニセコ経由で運転されました。

20180902_9012D_web.jpg
9012D 特急ニセコ号 余市~仁木

4日間とも編成は
函館← キハ183-1501+キハ182-512+キハ183-1505 →札幌
で運転されました。
6、7、9~11日は北海道胆振東部地震の影響により運休となりました。

8/12 快速ふらの・びえい号 富良野・美瑛ノロッコ号

快速ふらの・びえい号、毎日運転してるしいつでもいいや、と思っていたらいつの間にか最終日になってしまったのであわてて撮ってきました。
数日前までは晴れ予報だったのに残念ながら厚い雲が…


9451D 快速ふらの・びえい号 西中~(臨)ラベンダー畑

180813_9452D_web.jpg
9452D 快速ふらの・びえい号 中富良野~(臨)ラベンダー畑

この日の編成は
富良野← キハ182-1554+キハ182-503+キハ183-1504 →旭川
でした。
期間中はもう1編成、
富良野← キハ183-1553+キハ182-501+キハ183-1501 →旭川
だった模様です。

特製ヘッドマーク・行先表示もシールで用意されました。

furanobieihm_web.jpg
HM

furanobieisabo_yama_web.jpg
行先表示(山側)

furanobieisabo_sea_web.jpg
行先表示(海側)


富良野・美瑛ノロッコ号も撮影しました。

180813_9432_web.jpg
9432 富良野・美瑛ノロッコ2号 (臨)ラベンダー畑~西中

180813_9431_web.jpg
9431 富良野・美瑛ノロッコ1号 西中~(臨)ラベンダー畑

運行開始20周年ということで特製ヘッドマークが掲出されていました。

ひだか優駿号限定札幌片道きっぷ

道南バスでは8/1より浦河~新千歳空港間で「特急ひだか優駿号」を運行しています。
これは前日まで運行されていた「特急うらかわ号」を苫小牧を経由しない運行ルートに変更し、新千歳空港駅への到達時間を短縮したものとなっています。
それに伴い、JR北海道ではひだか優駿号利用客限定で「ひだか優駿号限定札幌片道きっぷ」を発売しています。

hidakayusun.jpg

hidakayusun_2.jpg

ひだか優駿号を南千歳駅北口で下車する際、運賃支払い時に運転手に申告することで乗車証明書が発行されます。
その乗車証明書を南千歳駅みどりの窓口で提出することにより、このきっぷの発売がされます。
普通列車自由席が利用でき、着駅は上野幌~白石、森林公園~ほしみ、桑園~あいの里公園の各駅となっています。下車前途無効です。
発売額は大人500円、小児250円となっており、着駅である札幌エリアの上野幌以遠ではおトクな価格設定となっています。

また、富川大町~鵡川四季の館では札幌行の高速ひだか号にも乗車できますが、所要時間は10分程度しか変わらず、ひだか号の札幌駅前までの運賃と比較しても数十円安くなる価格設定となっています。

富川大町~札幌駅前…高速ひだか号 1,940円 ひだか優駿号+本きっぷ 1,890円 (50円お得
鵡川四季の館前~札幌駅前…高速ひだか号 1,730円 ひだか優駿号+本きっぷ 1,650円 (80円お得

hidakayusun_3.jpg
CS控えの印字です。

日高本線が長期不通になっている現状、日高本線沿線からの札幌圏への公共交通機関を用いた札幌圏へのアクセスは高速バスが主流となっています。
実際に土曜日の朝に鵡川四季の館から乗車する際に先行する高速ひだか号の車内の様子を外から見ましたが、乗車率は60%以上と好況。
一方こちらのひだか優駿号は運行開始直後とは言うものの乗客はわずかに2名…
南千歳で降りる客は私だけでした。

余談ですが、実際に私が乗車した際は運転手より領収書が渡されました。
運転手曰く「これで大丈夫」とのことでしたが、案の定南千歳駅では面倒なことになりましたので、購入希望の方は必ず「乗車証明書」をもらうようにしたほうが良いと思います。
プロフィール

ようちゃん

Author:ようちゃん
鉄道(きっぷ,通勤電車など),ほっちゃんのことを気が向いたときに書きます.

※相互リンクは常時受け付けています。コメント欄からどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
坂本真綾ブログパーツ
坂本真綾ブログパーツその2
マクロミル
マクロミルへ登録
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。