FC2ブログ

近鉄創業110周年記念乗車券

2020年9月16日より、近鉄創業110周年記念乗車券が発売されています。
関西版・東海版の2種類が各1,100円でそれぞれ11,000枚用意されました。

<表面>

関西版 表面

kintetsu_110_tokai_1.jpg
東海版 表面

A4サイズ、両面カラー印刷となっており、表面には創業から現在までの近鉄を代表する車両の写真が並んで掲載されています。
関西版、東海版共に掲載されている車両形式は同じですが、写真は異なるものが使用されています。
それぞれ車両を写した角度が揃えられているところにこだわりを感じます。

下部は乗車券となっており、関西版は「京都→300円区間」、「大阪阿部野橋→300円区間」、「大阪上本町→500円区間」、東海版は「近鉄四日市→300円区間」、「鳥羽→300円区間」、「近鉄名古屋→500円区間」となっています。

<裏面>
kintetsu_110_kansai_2.jpg
関西版 裏面

kintetsu_110_tokai_2.jpg
東海版 裏面

裏面は110年の社史や、開業当時の路線図等が掲載されています。
関西版、東海版で印刷色が異なるのみで記載内容は全く同じです。

当初は主要駅での発売のみでしたが、発売から約2か月後の11月4日から12月10日かけては郵送での通信販売も行われました。
スポンサーサイト



和歌山電鐵 和歌山駅 精算済証



和歌山電鐵和歌山駅で発行された、精算済証です。
和歌山電鐵の和歌山駅はJR西日本の和歌山駅構内の9番線を使用しており、和歌山電鐵の改札は9番線ホームの天王寺方に設置されています。
そのため、駅から出るためにはJR西日本の改札を通る必要があります。
この券は和歌山電鐵の改札で運賃の精算または乗車券類の引き渡しを行った際に、JR西日本の改札通過用の券として交付されるものです。

2020年(令和2年)に入手した券ですが、発行年が「32」となっており、平成元年から起算した年数となっています。
発券機器更新に多額の費用が必要となることから、平成の年数での表記となっていますが、自動改札機は問題なく通過できます。

和歌山電鐵 通勤定期券



和歌山電鐵の和歌山⇔神前間の通勤定期券(小児1箇月)です。
和歌山電鐵の定期券は、自社の出札窓口設置駅である伊太祈曽駅のほか、JR西日本和歌山駅のみどりの窓口でも発売されています。
JR西日本和歌山駅のみどりの窓口で発売されるのは、JR西日本と和歌山電鐵の2社連絡となる定期券、和歌山駅発着の和歌山電鐵線内完結となる定期券のみとなっています。

和歌山電鐵はマルスシステムに運賃登録がされており、和歌山駅の自動改札機が通過可能となる磁気情報が記録されています。
経由欄は「わかやま電鐵」となっています。

伊太祈曽駅で発売される定期券については非磁気券となるため、和歌山駅の自動改札機を通過することができません。
自動改札を通過可能であるマルス端末発行の定期券のほうが利用者には好まれ、多くの枚数が発行されていることから、和歌山駅のマルス端末には各駅への定期券がワンタッチメニューで登録されており、スムーズに購入することが可能です。

岡山電気軌道 電車乗換券

岡山電気軌道では柳川電停において、東山線(城下~東山間)と清輝橋線(郵便局前~清輝橋)相互間の乗り換え制度が実施されています。
柳川電停での降車時に大人140円、小児70円の運賃を支払い、乗り換える旨を運転士へ申告することにより電車乗換券が発行されます。
電車乗換券は2種類設備されています。


1. 東山線→清輝橋線



東山線の城下~東山間の各電停から乗車し、柳川電停で乗り換える際に発行される電車乗換券です。
サイズは22 mm×45 mm、両面とも同じ上記画像の券面となっています。
地紋は岡山電気軌道の社章が使用されています。
券面中央上部の「I」という文字は発行日付の識別のためのものと思われます。


2. 清輝橋線→東山線

okayama_transfer_2.jpg

清輝橋線の郵便局前~清輝橋間の各電停から乗車し、柳川電停で乗り換える際に発行される電車乗換券です。
サイズは26 mm×46 mmと清輝橋方面のものと比べるとやや大きくなっており、やや厚みのある紙が使用されています。
両面とも同じ上記画像の券面となっています。
地紋も岡山電気軌道のものではなく、両備グループ共通社章が使用されています。
こちらの券においても、券面中央上部の「I」という文字は発行日付の識別のためのものと思われます。

200922yanagawa.jpg
乗換電停となる柳川電停

参考:乗り換え制度(岡山電気軌道公式HP)

道南いさりび鉄道 いさりび1日きっぷ

道南いさりび鉄道では、利用日2020年9月1日~2021年1月31日の期間限定で、「いさりび1日きっぷ」が発売されています。
大人700円、小児350円で、木古内~五稜郭間が1日乗り放題となっています。
発売箇所は道南いさりび鉄道本社、五稜郭売店、道の駅みそぎの郷きこないの3箇所です。



本社発売分



本社発売分は端末券です。
120mm券で、左上に商品コードと思われる、「企11」の印字があります。また右上には「ホ」と印字がありますが、詳細は不明です。

五稜郭売店発売分

isaribi_1day_goryokaku_1.jpg

isaribi_1day_goryokaku_2.jpg

五稜郭売店発売分は常備券です。
地紋は端末券と同様の黄色の道南いさりび鉄道オリジナルとなっており、サイズは73mm×118mmと、過去にJRで発売された青春18きっぷの常備券よりも横の長さがやや短いサイズの券となっています。
2枚複写式となっており、発行日と使用日はボールペンで記入の上、2枚目が旅客に渡されます。
右上には端末券同様に商品コードと思われる「11」の記載があり、「ホ」という記載もあります。
特に入鋏欄は設けられておらず、五稜郭駅の改札でも特に入鋏印を捺されることもなかったことから、発売時の使用日の記入が実質的な入鋏となっているものと考えられます。

道の駅みそぎの郷きこない発売分については確認できていませんが、同施設には発券端末がないことから、五稜郭売店と同様に常備券による発売であると思われます。




この「いさりび1日きっぷ」の本来の発売額は大人1,000円、小児500円と設定されていますが、実際には大人700円、小児350円と3割引で発売されています。
これは、新型コロナウイルス感染拡大により利用者が大幅に減少した公共交通機関の利用を促進するために、北海道が行っている「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」が活用されているために割引が実現したものです。
木古内~五稜郭間の普通旅客運賃は大人980円であることから、片道全線の乗車でも「いさりび1日きっぷ」を利用するほうがお得となっています。

道南いさりび鉄道全線の乗り放題のきっぷとしては、JR北海道、函館市電、函館バス等も含めて乗り放題となる「はこだて旅するパスポート」がありますが、道南いさりび鉄道全線単独の乗り放題のきっぷは、2016年の開業以来初のようです。
また、常備券による企画券は、「千年北海道手形オプションきっぷ」以来、2種類目となっています。

参考:【期間限定】当社線内フリーきっぷ「いさりび1日きっぷ」発売のお知らせ (道南いさりび鉄道公式HP)
プロフィール

ようちゃん

Author:ようちゃん
鉄道(きっぷ,通勤電車など),ほっちゃんのことを気が向いたときに書きます.

※相互リンクは常時受け付けています。コメント欄からどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる